指マンされた快楽を堪えるために自らの胸を鷲掴みにして必死に耐え偲ぶ