ヒロインクライマックス セーラーマスター 小湊奈々

悪の組織ブラックサターンとの死闘。
最終決戦に挑むべく、セーラーピンクは敵アジトへ突入する。
襲い掛かる戦闘員をなぎ倒し、四天王をも次々と倒してゆく。

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々001

しかし、数々の戦いで力を使い果たし次第に戦いは苦しいものになる。
驚異的な速度で繰り出される打撃。
それも最後の四天王には通用しない。

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々020

死闘の末、ついに力尽き、倒れてしまった。

「我等の組織がこうむった被害は大きい。
お前にはこれから、戦闘員の母体として地下で一生過ごすのだ」

薄れゆく意識の中で最後に聞こえたのがその言葉だった。

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々022

地下のゴミ捨て場に討ち捨てられ、意識が覚醒してゆく。
周囲からは何かが這いずるような音が聞こえる。
その複数の何かが近づき、身体に触れてきた。

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々023

「やめろっ、ボクに触るな!何なんだお前等は、あっち行けっ」

なんだコイツ等は、動きも遅く、力もそれほど強くない。
だがそれ以上に自分の消耗が激しく、彼等の拘束を解くことが出来ない。

「俺達はお前に負けて廃棄処分になった戦闘員だよ」

「そうさ、お前のせいで全てを失ったんだ。この借りは身体で返してもらうぞ」

「まずは俺からだ」

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々003

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々024

「汚いものをボクの顔に近づけるなっ……やっ……むぅんぐぅぅっ!!」

「お前に投げ飛ばされて腰を悪くしたせいで、廃棄処分だ。
数週間風呂に入れず汚れた俺のチンポを綺麗にしるんだよっ」

頭を捕まれ、無理矢理に汚れたソレを咥え込まされる。
おぇっ、酷い味と臭いに胃液が逆流しそうになる。
そんなボクの状況とお構いなしに動かされる腰。

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々025

「ちんたらやってんじゃねぇよ。次はこっちだ」

「やめっ……んくぅぅうっ」

口腔汚辱の最中、開かされる足、近づいてくる男の顔。

「へっへっへ。この女濡れてやがるぜ?期待してんのか?」

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々004

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々026

「な、何っ、やめて舐めるなっ……ぁひぃっ!?」

「骨をも砕くお前の脚も、こうなってしまえばただの小娘と同じよな。
柔らかく、そして味わい深いものだよ」

「黙れっ、お前達こんなことして…必ず後でぶっ倒してやるんだからっ」

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々005

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々028

「ぶっ倒すだぁ?どうやってだ?やれるもんならやってみろや」

「んぐぅぅうっ!?」

捕まれた頭を激しく動かされ、喉奥を激しく犯される。
でも、こんなことで負けはしない。
私は正義のセーラー戦士。
お前達なんかに負けるものかと睨み付ける。

「そんな生意気な態度を取れないようにしてやるよ。
俺は四天王の一人、メシアだ。
お前を快楽地獄に落とす男の名だ。覚えときな」

「ああ、あの最初にやられた最弱の四天王?
そんな雑魚がボクをどうにかできるとでも?」

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々018

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々030

「きゃはあぁっ!!なにっ、なにこれっ…やっ、あはぁっ!」

「一番雑魚だ?そんなこと言っておいて、お前今入れられただけでイっただろ。
どうなんだ?え?」

コツンコツンと、奥まで何度も挿し込みながら問う四天王。

「っぃ…ひぃっ……ない、ボクは、イってなんかぁっ」

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々008

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々033

「おいおい、俺たち戦闘員のことも忘れてもらっちゃ困るぜ。
お前にやられた奴が何人居ると思ってんだ?」

やだっ、こんなこと続けられたらおかしくなる。
吐き気を催す味と臭いが、今ではそれほど気にならなくなりつつあった。
その変化に気付き、屈辱感が身を襲う。

「随分美味そうにしゃぶるようになったな。そらご褒美だ」

激しさを増す突き上げ、逆らえない強烈な快感の波に屈辱感が上書きされてしまう。

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々015

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々034

「やっ、やめてぇっ…ひんっ…こんな、されたら…ボクもう、イっちゃうよぉっ!!」

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々035

「生意気言ってすいませんでした…ボクは皆さんの精液便所です……」

身体中をスペルマ塗れにされながら屈辱の敗北宣言をさせられる。
陵辱の宴はまだ始まったばかり。

ヒロインクライマックス セーラーマスター  小湊奈々